配送が安くなる仕組みとは?

切手を安く購入して配送料に当てたり、複数口の配送で割安になる配送会社のサービスを利用することもあります。

ECサイトの売り上げランキング

no.1

楽天 4.5兆円の流通売上高

2020年度に前年比約20%増となり、大きく業績を伸ばしています。数値はグループ各社の合計。

no.2

Zホールディングス(ヤフー)

2020年度は3兆2,200億円(サービス事業の合計)、前年比24%増。ショッピング事業が伸びている。

no.3

アマゾンジャパン 業績拡大

2020年度は2兆1,700億円、前年比27%増。プライム会員サービス、パントリー等が順調。

no.4

ZOZOTOWN 4,194億円の売上高

単体で前年比58%増(過去最高)、PayPayモール出店による業績増が貢献。Zホーディングスに含まれる。

no.5

Qoo10 3,000億円の売上高

Qoo10(キューテン)の2020年売上高は非公表、推定3,000億年。コスメ、ファッションに強み。

男女

それぞれ独自の割引サービスを行っています

遠くまで荷物を送る際、発生するものと言えば送料です。なるべく安い送料で荷物を配送してもらいたい、これは一般消費者の素朴な本音です。安い送料にするためには、荷物のサイズと重さを減らすことがポイントとなります。各企業、それぞれ独自に配送料を設定していますが、基本は荷物のサイズ感と重さで料金が変わります。配送する際は本当に届けたい物だけを予め厳選し、梱包時に使うダンボール箱もなるべくピッタリの大きさをチョイスしたいところです。配送業者によっては、いわゆる持ち込みによって料金が割引される場合があります。自宅周辺に営業所があるなら検討し易いです。会員登録を行うことで、会員割引が受けられたり、送り状を自分で作成したら料金が一部割引されたりする等のサービスもあります。

ランニングコストの削減が望めます

同じ量、同じサイズの荷物を送る場合でも専門業者によって最終的な配送料は変わります。安い専門業者を選ぶことには、色々なメリットがあり、特に頻繁に荷物を送っている場合は、ランニングコストの削減効果が期待できます。一度あたりの削減効果は僅かでも頻度が多ければ、最終的に大きなコストダウンが望めます。フリマアプリやネットオークション等を日常的に利用しており、不特定多数のお宅に荷物を送る機会が多い場合は安い専門業者を優先的に選んだ方が経済的です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中